こんなDIY建築、見たことない!

DIY建築革命団カッパドキ〜ア

創造の泉

旧岩崎邸

投稿日:

まるでデコレーションケーキの上にでも乗っていそうな、クリーム色したかわいい洋館。上野の不忍池のほとりにある旧岩崎邸である。

旧岩崎邸 前景

ここはドーリアドーリア式の柱に支えられた車寄せのある中央塔。木造とは思えない重厚さが漂っている。

それにしてもこの手のこんだ装飾の数々はどうだろう。住居という枠に捉われ、無駄をそぎ落とした現代建築の対極にある造形がここにある。

館の中心から宇宙に向けて、強力なメッセージを放っているようだ。

中庭への出入口の階段。天井まであるドア、人間の胴回りより太い柱。モザイクのポーチ。これらは、必要に迫られて造られるという発想からは出てこない造形である。  旧岩崎邸 エントランス

 

旧岩崎邸 回廊 足元はモザイクタイルが敷き詰められ、巨大な柱が林立する。まるで西洋の駅のプラットホームのようである。

 

巨大なドーリア式柱が林立するベランダ。庇も肉厚である。

側面、天井、そして壁面のそのすべてに繊細なモーリンクがされている。まさに宮殿である。

 旧岩崎邸 ベランダ

 

旧岩崎邸 サンルーム  旧岩崎邸 テラス ライト

 

住居本体を防備するような印象のサンルーム、ベランダ、ポーチ。そのすべてが巨大である天井が人間の3倍はあるのである。  旧岩崎邸 サンルーム02

 

 旧岩崎邸 サンルーム前景 サンルーム前景。一面の窓・窓・窓である。
よく見ると石の土台がかなり高い。
日本の「縁側」のような、自然との一体化、自然の取り込みといった思想ではなく、はりめぐらした重厚なヴァリアと高低差により、自然の征服といった立場をとる。こんなところにも当時の日本にはない、西洋の思想を感じるのは気のせいだろうか?

 旧岩崎邸 全景明治の東京に忽然と現れた西洋の館に、なぜか裸子植物がよく似合う。この光景を当時の日本に登場させたそのエネルギーこそ、現代日本が今、一番必要としている力ではないだろうか?

 

 

 

 

MAP

DIY建築革命団カッパドキ~アTOPへ戻る

-創造の泉

Copyright© DIY建築革命団カッパドキ〜ア , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.