こんなDIY建築、見たことない!

DIY建築革命団カッパドキ〜ア

創造の泉

あかぎ児童遊園

投稿日:

都心の住宅地の狭間に、サバンナの風が滞る

神楽坂駅から至近に、小さな公園がある。通りがかりの人にはほとんど見過ごされてしまう、路地の細長い公園だが、そこにひときわアフリカーンなエネルギーを放つ滑り台がある。

「児童遊園の遊具」という言葉で片付けるわけにはいかない、強烈なインパクトを放つオブジェである。

子ども用でありながら、このオブジェは子どもに媚びた部分が1ミリもない。

この、小さな公園に不似合いな巨大さ、威圧感、そして、野生を感じさせる象の表情。どれをとっても子どもを泣かせてしまいそうである。

アニメタッチのカラーリングや、パッチリお目々のディフォルメといった「セグメントにあわせた商品デザイン」という視点でなく、これはどこまでもアフリカゾウ、なのである。ストイックなまでの質感。そして2頭の置き方に、ヘンリー・ムーアを感じる。

子どもにヘンリー・ムーアがわかるとは思えないが、「わからなければ、わからないで結構」という気概が、象たちの虚ろな瞳からも伝わってくる。これぞDIY革命の真骨頂といえなくもないのではないだろうか? OK。

 あかぎ児童遊園01

 

あかぎ児童遊園02 2頭の象の頭から、ジョイントされた鼻を滑り落ちるという趣向である。象の頭から青、緑、黄色の動物たちを見下ろす。小さな動物たちがさらに小さく見える。

軽い征服感を味わうのだった。

 

後ろの象は牙つきである。

このコンクリート製の象が、鼻の滑り台と耳のフリークライミング機能意外に持つ遊具機能がこの部分の「トンネル」ということだろうが、牙が邪魔をしている。

このあたりも、実際のユーザーとなるだろう子どもに媚びていない、いや、突き放しているその野性味がDIYらしくて潔い。

あかぎ児童遊園03

 

あかぎ児童遊園04 これが「あかぎ児童公園」への出入り口である。間口1メートルあるかないかの、非常に細い路地には公園の看板もなく、人を寄せ付けない雰囲気満点だ。
というより、ここに公園があるということを気づかせない。そんなサバンナへの入り口である。

DIY建築革命団カッパドキ~アTOPへ戻る

MAP

-創造の泉

Copyright© DIY建築革命団カッパドキ〜ア , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.